認可保育所の利用について

[概要]

保育所とは、保護者が共に働いていたり病気などの理由で、昼間家庭において保育を受けられないお子さんを、保護者に代わって保育する児童福祉施設で、法的には「保育所」といいます。
保育所には、国が定めた設置基準をクリアし、都道府県知事に認可された保育所と、それ以外の保育所がありますが、ここでは認可された保育所についてご案内します。
瑞穂市には現在、公立と私立の認可保育所があります。
保育所では在園児を対象とした「延長保育」のほか、「一時預かり」や「障害児保育」などを行っている保育所もあります。

[対象者]

保育の必要性の認定(教育・保育給付認定)を受けたお子さん
※受け入れ年齢(月齢)は施設により異なります。

「教育・保育給付認定」についてはこちら

[申し込みできる人]

対象となるお子さんの保護者

[利用料(費用)]

基本の保育料は、保護者の所得状況などに応じて市区町村が決めた額で、公立・私立を問わず一律です。
このほか、施設ごとに定める延長保育料や給食費、教材費などの実費負担があります。
また、「幼児教育・保育の無償化」や多子世帯・ひとり親世帯などへの保育料減免があります。

認可保育所の保育料のしくみについてはこちら 認可保育所の無償化についてはこちら 多子世帯・ひとり親世帯などの保育料軽減についてはこちら

[申し込み期限]

・4月入所の場合:例年9月頃に受付を行います。
・年度途中の入所の場合:入所希望月の前々月16日から前月15日(土日・祝日の場合はその前日)までにお申込みください。

[手続きなど詳しくは]

「令和2年度(4月入所)の保育施設利用申込みについて(瑞穂市サイト)」または「市内の保育施設の紹介(瑞穂市サイト)」をご覧ください。

令和2年度(4月入所)の保育施設利用申込みについて(瑞穂市サイト) 市内の保育施設の紹介(瑞穂市サイト)

子育て応援情報

「ままフレ」をシェアしよう
  • つぶやく